昭和大学麻酔科ブログ

AMED採択

だんだん暖かい日も増えてきて、春の訪れを感じる日々になってきました。研修医の先生方の見学申し込みも増えてきており、大変嬉しい限りです!見学はいつでも大歓迎です。 さて、今日は研究に関するご報告です。 増井健一先生が研究開発分担者として統計解析全般を担当している、研究開発課題「統合レジストリによる多発性筋炎/皮膚筋炎関連間質性肺疾患の個別化医療基盤の構築:研究開発代表者 日本医科大学アレルギー膠原病内科学分野(http://www.nms-rheum.jp/)桑名...

日本静脈麻酔学会・JSIVA賞を受賞!

東京は12月に入り、寒い日も増えて冬らしくなってきました。 新型コロナウィルスに翻弄された2020年も終わりに近づき、パンデミックの一刻も早い終息を願うばかりです。 さて、先日、兵庫県宝塚で第27回 日本静脈麻酔学会(JSIVA)が行われました。 昭和麻酔科からは酒井麗美先生と非常勤の中島陽平先生が発表し、中島先生の発表がJSIVA賞を受賞しました! 中島先生は自作した脳波解析のソフトで小児心臓外科手術での静脈麻酔について検討し、とても堂々とした発表をしていました。 おめでとうございます!!...

医局説明会

東京は梅雨の真っ只中で、時折の快晴が嬉しい今日この頃です。 新型コロナウイルスによる混乱も一旦は落ち着き、昭和大学麻酔科にも徐々に日常が戻りつつあります。   6月27日に医局説明会を行いました。   新型コロナウイルスの感染対策のため、今回はGoogle MeetによるWeb開催です。 初の試みであり、ちょっとマゴマゴしましたが、色々な方のご協力のおかげで無事に終えることができました。 今回は14名もの研修医の先生方が参加してくださいました。...

3Dプリンタを導入しフェイスシールド作成可能になりました!

昭和大学病院では、COVID-19感染の第2波、第3波が来ても安全な医療を提供できるように備えを進めています。 麻酔科医室に3Dプリンタを設置し、フェイスシールドの作成ができるようになりました。 フレームを3Dプリンタで作成し、シールド部はクリアファイルを転用しています。 なお、フレーム3Dデータ提供及び3Dプリンタ設定方法等については、3D PRINT FACE SHIELD GROUPの皆様にご協力いただきました。心より感謝申し上げます。...

フェイスシールド無償提供のお願いに応えて頂きました

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて様々な医療機関で物資が不足している中で、昭和大学病院麻酔科学講座でもフェイスシールドの無償提供をお願いしたところ、ものづくり業界に関わる企業の方々から、無償提供を快諾して頂きました。 コムネット株式会社様よりアクリルボックスとフェイスシールドを提供して頂きました ミマキエンジニアリング株式会社様よりフェイスシールドを提供して頂きました 提供していただいた物資は大切に使用させて頂きます。 ご協力いただいた企業の方々に御礼を申し上げます。...