RESEARCH

研究業績

研究業績

昭和麻酔科では希望すれば臨床研究を行い、学術論文を執筆することももちろん可能です。増井健一先生を中心に、多くの学会講演や原著論文を発表されている先生の指導を受けられる環境が整っています。自分で研究テーマを考えて研究を進めている、意欲にあふれた若手もいます。やる気のある若手を積極的に支えて、伸ばしていこう、という風土があると言えるでしょう。

若手の専門医取得に向けた単位獲得にも気を配っており、学会発表や症例報告などのチャンスがあればサポートしあい、単位不足がないようにフォローしています。

2021年

, 原著論文

  • Gono T, Masui K (First author), Nishina N, Kawaguchi Y, Kawakami A, Ikeda K, et al. Risk prediction modeling based on a combination of initial serum biomarkers in myositis-associated interstitial lung disease. Arthritis & Rheumatology. 2021; 73: 677-686
  • Miyabe-Nishiwaki T, Kaneko A, Yamanaka A, Maeda N, Suzuki J, Tomonaga M, Matsuzawa T, Muta K, Nishimura R, Yajima I, Eleveld DJ, Absalom AR, Masui K (Corresponding author): Propofol infusions using a human target controlled infusion (TCI) pump in chimpanzees (Pan troglodytes). Scientific Reports 2021; 11: 1214
  • Muta K, Miyabe-Nishiwaki T, Masui K (Corresponding author), Yajima I, Iizuka T, Kaneko A, Nishimura R. Pharmacokinetics and effects on clinical and physiological parameters following a single bolus dose of propofol in common marmosets (Callithrix jacchus). J Vet Pharmacol Therap. 2021; 44: 18– 27.
  • Matsushima M, Kimura S, Kitaura A, Hamasaki S, Iwamoto T, Mino T, Masui K, Nakao S. Propofol suppresses the His-ventricular conduction in paediatric patients. J Clin Pharm Ther 2021; 46: 433-439

総説・解説

  • 増井健一.レミマゾラムの薬物動態学、LiSA 2021;28(6): 608-613
  • 加藤里絵.ノーフォールトに見るグレードA帝王切開術麻酔の問題点 安全のための情報伝達と患者評価.日臨麻会誌 2021;41:73-7
  • Masui K. Interpretation of laboratory tests for prevention of the SARS-CoV-2 transmission. J Anesth 2021; 35: 374-377

著書

  • 増井健一、ベンゾジアゼピン系薬物、神経麻酔最前線 すべては患者の機能維持・向上のために、山蔭道明(監)、澤田淳史(編)、立花俊祐(編)、茶木友浩(編)、中外医学社、2021年6月
  • 増井健一.若年・壮年と比べた高齢者の薬物動態・薬力学の特徴について教えてください、高齢者麻酔のポイント50、小板橋俊哉(監)、川口昌彦(編)、川股知之(編)、克誠堂出版、2021年6月
  • 増井健一.新しい全身麻酔薬レミマゾラム、麻酔科学レビュー2021、山蔭道明(編)、廣田和美(編)、総合医学社、2021年5月

講演・シンポジウム

  • 増井健一.レミマゾラム 臨床とPKPD、福岡大学麻酔科学グランドラウンド、2021.6.
  • 増井健一.レミマゾラム薬物動態Digest、アネレム発売記念Web講演会、2021.1.
  • 増井健一.臨床経験とPKPD解析から考えるレミマゾラムの使い方、東京医科歯科大学医局関連 麻酔科Webカンファレンス、2021.1.

症例報告等

  • Yoshikawa H, Hosokawa M, Kashima Y, Oki S, Masui K (Corresponding author). Remimazolam Tolerance in Long-term Benzodiazepine Users: A Case Report of 2 Cases. A A Practice 2021; 15(5):p e01460.

学会発表

  • Haruka Yoshikawa, Maiko Hosokawa, Yuki Kashima, Sayaka Oki, Kenichi Masui. Remimazolam resistance: Two cases of long-term benzodiazepine users showing remimazolam tolerance during anesthesia induction、日本麻酔科学会第68回学術集会、2021.6
  • 小林玲音、武冨麻恵、米良仁志、原詠子、松本美由季.自律神経評価によって神経ブロック療法の効果判定は可能か.日本ペインクリニック学会第1回東京・南関東東支部学術集会、2021
  • 小林玲音.透視.第7回献体による神経ブロックの臨床解剖学的研究会、2021.
  • 今井桃花、加島有紀、眞一弘士、山下咲良、増井健一;ロボットを利用した術前外来支援システムの開発、第38回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会、2021.2
  • 合田廷大、増井健一;レミマゾラムの予測血中濃度シミュレーション、第38回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会、2021.2

2020年

原著論文

  • Nishina N, Sato S, Masui K, Gono T, Kuwana M. Seasonal and residential clustering at disease onset of anti-MDA5-associated interstitial lung disease. RMD Open 2020;6:e001202.
  • Kaneko Y, Nunokawa T, Taniguchi Y, Yamaguchi Y, Gono T, Masui K, Kawakami A, Kawaguchi Y, Sato S, Kuwana M, JAMI investigators. Clinical characteristics of cancer-associated myositis complicated by interstitial lung disease: a large-scale multicentre cohort study. Rheumatology 2020;59:112-9.
  • Kaieda S, Gono T, Masui K, Nishina N, Sato S, Kuwana M, A Multicenter Retrospective Cohort of Japanese Patients with Myositis-associated ILD (JAMI) investigators. Evaluation of usefulness in surfactant protein D as a predictor of mortality in myositis-associated interstitial lung disease. PLoS One 2020;15:e0234523.
  • Hosokawa Y, Okutomi T, Hyuga S, Kato R, Kuczkowski KM. The concordance rate of L3/4 intervertebral lumbar level estimated by palpation and ultrasonography in Japanese parturients. J Matern Fetal Neonatal Med 2020;33:2354-8.
  • 細川幸希、加藤里絵、黒岩政之、小池朋孝、森安恵実、奥富俊之、新井正康.産科病棟におけるRapid Response System起動基準に関する後方視的検討.日集中医誌 2020;27:11-8.

総説・解説

  • Masui K. Remimazolam besilate, a benzodiazepine, has been approved for general anesthesia!! J Anesth 2020;34:479-82.
  • 眞一弘士増井健一. 医学における自然言語処理と専門辞書の重要性. 麻酔. 2020;69(4):443-9.
  • 細川幸希.【周産期キーワード30 アップデート 最新&レベルアップの知識で助産力を磨く】19 無痛分娩/JALA. PERINATAL CARE 2020;10:48-49.
  • 細川幸希.第123回学術集会発表論文 産科麻酔文献レビュー「産科麻酔の役割」を中心に.分娩と麻酔2020;102:66-71.
  • 細川幸希.不安要素多数の帝王切開「PLAN2 少量の局所麻酔薬による脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔によるトップアップで」.LISA 2020;27:1005-1008.
  • 尾頭希代子.症例カンファレンス CRT-D挿入患者の胃癌手術.LISA2020;26(4):315.
  • 樋口慧.特集 周術期の疼痛管理・神経ブロックUpdate, 脊髄手術のための神経ブロック.関節外科2020;39(7):773-780.

著書

  • 増井健一.静脈麻酔.新臨床麻酔スタンダード、p117-134、克誠堂出版、20205月.
  • 加藤里絵.妊産婦の蘇生法.IN:関沢明彦,長谷川潤一(編集)日本の妊産婦を救うために.東京医学社、東京 2020;122-9
  • 加藤里絵、細川幸希(編集).産科麻酔 All in One.文光堂、東京、2020.
  • 山本達郎、水本一弘、垣花学、加藤里絵、佐藤暢一(責任編集).周術期の輸液・輸血療法All in One.文光堂、東京、2020.
  • 山本達郎、水本一弘、垣花学、加藤里絵、佐藤暢一(責任編集).麻酔科医に必要な周術期呼吸管理.文光堂、東京、2020.
  • 加藤里絵.無痛分娩.IN:関沢昭彦(編集)安心すこやか妊娠・出産ガイド.メディカ出版、東京、2020;32.
  • 尾頭希代子.無気肺、気胸・血胸、誤嚥性肺炎.IN:麻酔科プラクティス3 麻酔科医に必要な周術期呼吸管理.佐藤暢一(編集);文光堂、東京、2020年12月

受賞

  • 27回日本静脈麻酔学会 JSIVA (筆頭演者 中島陽平 共同演者 細川麻衣子、酒井麗美、大江克憲、増井健一;2020)

講演、シンポジウム

  • 増井健一.臨床経験とPKPD解析から考えるレミマゾラムの使い方、アネレムWeb講演会、2020.
  • 増井健一.全身麻酔薬・麻薬・筋弛緩薬の作用から考える導入・維持・覚醒時の看護のポイント、東北大学周術期セミナー、2020.
  • 増井健一.Remimazolam: Soft Drug Makes Better?第27回日本静脈麻酔学会、 2020.
  • 増井健一.レミマゾラムを通して識るプロポフォールの姿.日本臨床麻酔学会第40回大会、2020.
  • 増井健一.小児麻酔のためのファーマコメトリクス.日本麻酔科学会第67回学術集会、2020.
  • 増井健一.新しい全身麻酔薬レミマゾラム、アネレムWeb講演会
  • 増井健一.プロポフォールの呼気濃度測定、小児静脈麻酔・鎮静セミナー
  • 細川幸希.妊婦の心肺蘇生.日本産科麻酔学会第一回ウェブセミナー、2020.
  • 細川幸希.無痛分娩の基本とトラブルシューティング.第6回福岡大学周産期研究会/7回無痛分娩研究会、
  • 尾頭希代子.全身麻酔中のリクルートメント手技の実際 Electrical impedance tomographyを用いた個別PEEP設定.日本麻酔科学会第66回学術集会、2020.

症例報告等

  • Okazaki H, Miura N, Kashima Y, Miyashita R, Oe K, Kawakami K, Ishikawa T, Masui K. Severe hyponatremia with seizures and confirmed mild brain edema by hysteroscopic myomectomy: a case report. JA Clinical Reports 2020;6:74.
  • Kashima Y, Masui K. Individual pharmacometric analysis for sugammadex reversal and re-administration of neuromuscular blockade. J Anesth 2020;34:786-9.
  • Ichikawa T, Okuyama K, Kamata K, Masui K, Ozaki M. Suspected propofol infusion syndrome during normal targeted propofol concentration. J Anesth 2020;34:619-23.
  • Saito J, Masui K (First author), Noguchi S, Nakai K, Tamai Y, Midorikawa Y, Kinoshita H, Mikami N, Kitayama M, Hashimoto H, Hirota K. The efficacy of acute normovolemic hemodilution for preventing perioperative allogeneic blood transfusion in gynecological cancer patients. J Clin Anesth 2020;60:42-3.
  • 津島佑季子、絹川友紀、木村真也、石原大雅、合田廷大、岡安理司.COVID-19感染拡大を契機とした、飛沫飛散防止策のための気管チューブの工夫.臨床麻酔2020;44(9):1241-1242.
  • Hosokawa Y, Kato R. Comment In; Obstetric Intraoperative Cell Salvage: A Review of an Established Cell Salvage Service With 1170 Reinfused Cases. Obstetric Anesthesia Digest 2020;40:77-78.
  • Hosokawa Y, Kato R. Comment In; Planned Vaginal Delivery and Cardiovascular Morbidity in Pregnant Women with Heart Disease. Obstetric Anesthesia Digest 2020;40:188-190.

学会発表

  • 安藤茜、岡秀一郎、三浦倫一、谷岡大輔、飯島毅彦.バート・ホッグ・デュベ症候群(Birt-Hogg-Dube Syndrome)を有する患者の麻酔経験、第48回日本歯科麻酔学会学術集会、2020
  • 中島陽平、細川麻衣子、酒井麗美、大江克憲、増井健一;小児人工心肺中のミダゾラム全静脈麻酔における脳波変化の解析をした一例、第27回日本静脈麻酔学会、2020.11
  • 酒井麗美、中島陽平、細川麻衣子、大江克憲、増井健一;全身麻酔薬レミマゾラムによる麻酔導入と全静脈麻酔:臨床所見・予測濃度・脳波解析による検討、第27回日本静脈麻酔学会、2020.11
  • 古谷未央子、大川浩文、増井健一;甲状腺機能亢進症を伴う高度るいそう患者のプロポフォール麻酔における高維持濃度・高覚醒濃度の経験、日本臨床麻酔学会第40回大会、2020.11
  • 安藤茜、岡秀一郎、稲村ルヰ、三浦倫一、土佐泰祥、飯島毅彦、大江克憲.術後再挿管を要した全脳脳胞症患者の口唇裂手術の麻酔経験、第48回日本歯科麻酔学会学術集会、
  • 中川元文、樋口慧.分娩時硬膜外鎮痛による分娩転帰への影響.日本区域麻酔学会第7回学術集会、2020.
  • 津島佑季子、佐々木友美、今井桃花、絹川友紀、木村真也、金田有理、長谷川優子、岡安理司、桑迫勇登.手術中に下肢に限局して筋硬直を発現し、その後一時的に上下肢のみに筋硬直をきたした一例.神奈川麻酔科医会第51回学術集会、2020

2019年

原著論文

  • Bauchat JR, Weiniger CF, Sultan P, Habib AS, Ando K, Kowalczyk JJ, Kato R, George RB, Palmer CM, Carvalho B. Society of Obstetric Anesthesia and Peinatology consensus statement: monitoring recommendations for prevention and detection of respiratory depression associated with administration of neuraxial morphine for cesarean delivery anesthesia. Anesth Analg 2019;129:458-74.

総説・解説

  • 加藤里絵.緊急帝王切開術の麻酔の実際と注意点.産科と婦人科2019;86:557-62
  • 田中典子、加藤里絵.徹底分析「マスク換気から始める気道管理」妊婦だったら、どうする?LiSA 2019;26;360-3
  • 中澤弘一、内山昭則、小谷透、小松孝美、佐藤暢一、鈴木裕之、高橋伸二、渡海裕文、尾頭希代子、行岡秀和、藤野裕士.【委員会報告】呼吸療法専門医の現状と問題点—専門医委員会アンケート結果—.人工呼吸2019;36:83-87.
  • 尾頭希代子.紹介 パネルディスカッション「麻酔科における女性医師の力 女性に不利な社会の仕組み」.麻酔2019;68(6):637.
  • 岡安理司、今井桃花、柴田晴子、津島佑季子、木村真也、金田有理、長谷川優子、井上勇人、河内亜紀、絹川友紀、島津怜奈、坂崎麗奈、五島衣子、桑迫勇登.筋弛緩薬周辺の話題.臨床麻酔2019;43(9):1245-1250.
  • 増井健一.麻酔科領域が持つビッグデータの種類とその活用、麻酔 68(11):1168-1175、2019年11月
  • 増井健一.ロクロニウムのファーマコメトリクス ―薬物動態力学モデルによる予測濃度を利用しよう―、臨床麻酔 43(5)673-67920195

著書

  • 奥富俊之、加藤里絵、天野完(編集).緊急産科手術の麻酔に備える第2版.克誠堂、東京、2019.
  • 増井健一.全身麻酔薬と麻薬の相乗作用(p17-20)BISモニターは術中覚醒を予防しない?(p37-39)、一歩進んだ麻酔管理、国沢卓之()、克誠堂出版、20195

受賞

  • 26回日本静脈麻酔学会JSIVA (筆頭演者 加島有紀 共同演者 増井健一;2019)

講演、シンポジウム  

  • 加藤里絵.シンポジウム「古きを慕い新しきを拓く」産科麻酔.第50回神奈川麻酔科医会、2019
  • 加藤里絵.シンポジウム「脊髄くも膜下麻酔」産科麻酔で脊麻を上手く使おう! 日本区域麻酔学会第6回学術集会、2019.
  • 加藤里絵.麻酔科領域講習「経腟分娩・帝王切開術後の痛みと鎮痛」.日本ペインクリニック学会第53回大会、2019.
  • 加藤里絵.麻酔科領域講習「無痛分娩トラブルシューティング」.日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第59回合同学術集会、2019.
  • 加藤里絵.「無痛分娩の麻酔」東京都助産師会助産師教育指導講習会、2019.
  • 加藤里絵.シンポジウム「カテゴリー1帝王切開術の麻酔」ノーフォールトに見るグレードA帝王切開術麻酔の問題点.日本臨床麻酔学会第39回大会、2019.
  • 加藤里絵.チームで取り組む無痛分娩.日本臨床モニター学会、2019.
  • 増井健一.呼気プロポフォールモニタリングと臨床、第26回日本静脈麻酔学会、2019.
  • 増井健一.AIと麻酔、第5回急性期輸液管理研究会、2019.
  • 笹川智貴.増井健一、風間富栄、岩崎寛、The predictive ability of six pharmacokinetic models of rocuronium developed using a single bolus : evaluation with bolus and continuous infusion regimen、第9回Nippon Neuromuscular Meeting、2019.
  • 増井健一.Interoperabilityが拓く次世代の麻酔コックピット、第16回麻酔科学サマーセミナー、2019.
  • 増井健一.プロポフォールTCIのTarget濃度:どう決める?、アスペンWebレクチャー(m3.com)、2019.
  • 増井健一.脳波モニタの使いかた Indexは必要?、第29回経食道心エコー講習会、2019.
  • 増井健一.小児のプロポフォール予測濃度の基礎、日本小児麻酔学会第25回大会, 2019.11

症例報告等

  • 岡安理司、金田有理、長谷川優子、柴田晴子、長根大樹、桑迫勇登.グライドスコープ薄型チタニウムブレードを用いて挿管したTreacher-Collins症候群の1症例.臨床麻酔2019;43(5):749-750.
  • 角文真 濱, 眞一弘士, 増井健一, 大嶽浩司. バイタルデータと投与情報を用いた術中管理支援ための逆強化学習に基づくイベント予測 第18回情報科学技術フォーラム, 2019.
  • 長谷川優子、金田有理、長根大樹、新原史大、岡安理司、桑迫勇登.遺伝性QT延長症候群患者の帝王切開の麻酔経験.臨床麻酔2019;43(4):573-576.

学会発表

  • 小林玲音.慢性腰痛患者におけるThoracolumbar interfascial plane block (TLIP block)の薬液分布と鎮痛効果.日本麻酔科学会第66回学術集会、2019
  • 信太賢治.外傷を契機に発症した上顎神経損傷の2症例.日本ペインクリニック学会第53回大会、2019
  • 武冨麻恵.慢性痛に対するブプレノルフィン経皮吸収型製剤の当院における使用状況.日本ペインクリニック学会第53回大会、2019
  • 松本美由季.長期に及ぶ季肋部痛患者に対し東洋医学的アプローチが著効した一症例.日本ペインクリニック学会第53回大会、2019
  • 小林 玲音.胸部帯状疱疹関連痛患者に対する経椎間孔硬膜外カテーテル挿入の経験.日本ペインクリニック学会第53回大会、2019
  • 武冨麻恵.当科における末梢性顔面神経麻痺の最近の治療状況.第34回東京・南関東疼痛懇話会、2019
  • 小林玲音.神経障害性疼痛患者を対象としたミロガバリンの使用実態下における安全性および有効性の検討.第34回東京・南関東疼痛懇話会、2019
  • 長谷川優子、金田有理、篠田威人、幸塚裕也、岡安理司、桑迫勇登.Rothmund-Thomson症候群患者の麻酔経験.日本小児麻酔学会第25回大会、
  • 堀江恵、西村晶子、安藤茜、篠原茜、星豪、岡秀一郎、飯島毅彦.精神発達遅滞を伴う基底細胞母斑症候群患者の術前評価と周術期管理.第47回日本歯科麻酔学会総会・学術集会、2019
  • Gono T, Masui K, Nishina N, Sato S, Kuwana M, Predictive Factors for Mortality in Anti-melanoma-associated Gene 5 Antibody-associated Interstitial Lung Disease, 2019 ACR/ARHP Annual Meeting, 2019. 11
  • Kaieda S, Gono T, Masui K, Nishina N, Sato S, Kuwana M, Surfactant protein D as a useful predictor for mortality in myositis-associated interstitial lung disease: a dimorphic model based on anti-MDA5 antibody, 2019 ACR/ARHP Annual Meeting, 2019. 11
  • Morita T, Uchida O, Masui K, Effect-site concentrations of propofol and opioids at extubation in two types of surgeries in children, Anesthesiology Annual Meeting 2019, 2019.10
  • Masui K, Hikida T, Goto T, Mizoguchi A, Otake H, Shimono A, Breath-by-breath exhaled propofol monitoring: Influence of ventilator setting, Euroanaesthesia 2019, 2019. 6.
  • Morita T, Uchida O, Masui K, Effect-site concentrations of propofol and opioids at extubation in total intravenous anaesthesia in children.  Euroanaesthesia 2019, 2019. 6.
  • Kamata K, Masui K, Hayashi M, Ozaki M, The efficacy of dexmedetomidine-based monitored-anaesthesia care for paediatric gamma knife radiosurgery, Euroanaesthesia 2019, 2019. 6.
  • 加島有紀、増井健一、大嶽浩司;深い筋弛緩の急速拮抗のためのスガマデクス投与量と再筋弛緩のためのロクロニウム投与量の実症例による計量薬学的検討、第26回日本静脈麻酔学会、2019.11
  • 冨田温子、石垣さやか、増井健一;月経周期の麻酔覚醒時間への影響、第26回日本静脈麻酔学会、2019.11

2018年

原著論文

  • Masui K (Corresponding author), Ishigaki S, Tomita A, Otake H. Rocuronium pharmacodynamic models for published five pharmacokinetic models: age and sex are covariates in pharmacodynamic models. Journal of Anesthesia. 2018;32(5):709-16.
  • Iizuka T, Masui K (Corresponding author), Kanazawa H, Nishimura R. Comparison of plasma propofol concentration for apnea, response to mechanical ventilation, and airway device between endotracheal tube and supraglottic airway device in Beagles. Journal of Veterinary Medical Science. 2018; 80(9):1420-3.
  • Sato S, Masui K (First author), Nishina N, et al. Initial predictors of poor survival in myositis-associated interstitial lung disease: a multicentre cohort of 497 patients. Rheumatology. 2018;57(7):1212-21
  • Sei K, Masui K (Corresponding author), Sasa H, et al. Size of uterine leiomyoma is a predictor for massive haemorrhage during caesarean delivery. European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology. 2018;223(4):60-3.
  • Yoshitani K, Masui K, Kawaguchi M, et al. Clinical Utility of Intraoperative Motor-Evoked Potential Monitoring to Prevent Postoperative Spinal Cord Injury in Thoracic and Thoracoabdominal Aneurysm Repair: An Audit of the Japanese Association of Spinal Cord Protection in Aortic Surgery Database. Anesth Analg 2018;126(3):763-768. 
  • Kobayashi R, Shida K, Taketomi A, Murakami H, Ono K, Otake H. New mode of burst spinal cord stimulation improved mental status as well as motor function in a patient with Parkinson’s disease. Parkinsonism Relat Disord. 2018;57:82-83.
  • Kawano S, Kato R, Okutomi T, Ohnishi Y, Kanai Y, Mochizuki J, Amano K, Unno N. Usefulness of labor induction in pregnancies complicated by preeclampsia. Kitasato Medical Journal. 2018;48:88-95
  • 鈴木将嗣, 細川幸希,藤田那恵,加藤里絵,奥富俊之 超緊急帝王切開術シミュレーションの振り返りにおける4画面動画再生の有用性の検討.分娩と麻酔 2018;100:8-14
  • 小山愛美,細川幸希,加藤里絵,奥富俊之.分娩室におけるPPHカート導入効果の検討―医療者の案ケート調査より―.分娩と麻酔 2018;100:15-21

著書

  • Kato R, Okutomi T. Autoimmune diseases. In: Gunaydin B, Ismail S (eds) Obstetric Anesthesia for Co-morbid Conditions. 2018;87-97 Springer, Cham

受賞

  • 日本臨床麻酔学会 第6MSD Award (筆頭演者 笹川智貴、共同演者 増井健一;2018)
  • 15回麻酔科学サマーセミナー ベストプレゼンテーション 優秀賞 (筆頭演者 石原大雅、共同演者 増井健一;2018)

講演、シンポジウム

  • 加藤里絵 脊髄くも膜下モルヒネを用いた帝王切開術後鎮痛~呼吸抑制は心配ですか?~ 日本区域麻酔学会第5回学術集会(2018413-14日,大阪市)
  • 加藤里絵 周産期心筋症~疾患概要と無痛分娩~ 第23回日本心臓血管麻酔学会学術集会(201891416日,東京)
  • Kato R. Amniotic fluid embolism -From perspective of Japan-. 15th Asian Australasian Congress of Anesthesia. (2018111-5日,Beijing, China
  • 加藤里絵 妊産婦の蘇生法 日本蘇生学会第37回大会(2018111819日、天童)
  • 加藤里絵 今、無痛分娩に求められていること 第122回日本産科麻酔学会学術集会(20181123日、浜松)
  • 増井健一 TIVAハンズオンセミナー、第25回日本静脈麻酔学会、2018.12
  • 増井健一 AI・人工知能EXPOで見つけたテクノロジー、第36回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会、2018.12
  • 笹川智貴 増井健一、ロクロニウム単回投与から得られた薬物動態モデル6種類の単回・持続投与時における予測性能、日本臨床麻酔学会第38回大会、2018.11
  • 増井健一 TIVAのキホン、岡山静脈麻酔研究会、2018.6
  • 増井健一 TCI/TIVA with スマートポンプ、日本麻酔科学会第65回学術集会、2018.6
  • 増井健一 学会発表・論文執筆の統計解析を一人でするために知っておきたいこと、ORCライジングセミナー、2018.5
  • 増井健一 PNB臨床研究のための統計、第10回三国街道PNB研究会、2018.3
  • 増井健一 目標血中濃度設定を極める、アスペン麻酔領域Webセミナー、2018.3
  • 増井健一 Hands-on for TIVA、獨協医科大学医局勉強会、2018.3
  • 増井健一 麻酔情報管理システムの統計データを使おう、第13回日本医学シミュレーション学会学術集会、2018.2

学会発表

  • 細川幸希,加藤里絵,森安恵実,大塚智久,鈴木優太郎,西澤義之,神田可奈子,永井亜衣,黒岩政之,新井正康 産科病棟における Rapid Response System 発動基準に関する後方視的検討 第45回日本集中治療医学会学術集会(2018年2月22日,千葉市)
  • 箸方紘子,細川幸希,加藤里絵,奥富俊之 Dural puncture epidural法による硬膜外無痛分娩を行ったShone complex合併妊娠の一症例 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会(2018年9月1日,東京)
  • 荒将智, 細川幸希, 箸方紘子, 加藤里絵, 奥富俊之, 岡本 浩嗣 高度血管病変を有する高安病合併妊婦に対する帝王切開術の麻酔経験 日本臨床麻酔学会(2018年11月3-5日、北九州)
  • 小板橋俊美, 望月純子, 加藤里絵, 奥富俊之, 石井正浩, 阿古潤哉 第66回日本心臓病学会学術集会(2018年9月7-9日、大阪)
  • Gono T, Masui K, Nishina N, Sato S, Kuwana M, Calcineurin Inhibitor for the Treatment of Myositis-Associated Interstitial Lung Disease: Comparison between Cyclosporine and Tacrolimus, 2018 ACR/ARHP Annual Meeting, 2018. 10
  • Masui K, Ishigaki S, Tomita A, Otake H, Pharmacodynamic Models Include Age and Sex as Covariates for Published Pharmacokinetic Models, Anesthesiology Annual Meeting 2018, 2018.10
  • Miyabe-Nishiwaki T, Masui K, Kaneko A, Yamanaka A, Ishigami A, Maeda N, Suzuki J, Tomonaga M, Matsuzawa T, Muta K, Nishimura R, Yajima I, Eleveld D, Absalom A, Evaluation of the Predictive Performance of Human Pharmacokinetic Models of Propofol in Chimpanzees, 13th World Congress of Veterinary Anaesthesiology, 2018.9
  • Kaneko Y, Nunokawa T, Taniguchi Y, Yamaguchi Y, Gono T, Masui K, Kawakami A, Kawaguchi Y, Sato S, Kuwana M. Clinical characteristics of patients with cancer-associated myositis complicated by interstitial lung disease, European Congress of Rheumatology 2018, 2018.6
  • Ichikawa T, Okuyama K, Kamata K, Masui K, Nomura M, Ozaki M, A case of propofol infusion syndrome at predicted concentration 1.8 µg/mL after 3.5 h infusion, Euroanaesthesia 2018, 2018.5
  • 木村真也、増井健一、大嶽浩司;スガマデクスの適正投与量はロクロニウムの体内蓄積量の影響を受けるか? ― シミュレーションスタディ ―、第25回日本静脈麻酔学会、12
  • 鎌田ことえ,増井健一,長谷川晴子,堀場綾子,田村徳子,千葉謙太郎,藍原康雄,林 基弘,野村 実,尾﨑 眞,川俣貴一;小児ガンマナイフ症例にデクスメデトミジンを主体とした鎮静法は有用か、日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018.10
  • 石原大雅、増井健一、大嶽浩司;スガマデクスの投与直後にロクロニウムを再投与した場合の筋弛緩効果の検討 ―シミュレーションスタディ-―;第15回麻酔科学サマーセミナー, 2018.6
  • 菅原亜美、増井健一、国沢卓之;意識回復時のプロポフォール効果部位濃度に関与する因子について、日本麻酔科学会第65回学術集会, 2018.6

2017年

原著論文

  • Hara M, Masui K (Corresponding author), Eleveld DJ, Struys MMRF, Uchida O. Predictive performance of eleven pharmacokinetic models for propofol infusion in children for long-duration anaesthesia. Br J Anaesth. 2017;118:415-423.
  • Ishigaki S, Ogura T, Kanaya A, Miyake Y, Masui K, Kazama T, Influence of preoperative oral rehydration on arterial plasma rocuronium concentrations and neuromuscular blocking effects: A randomised controlled trial. Eur J Anaesthesiol 2017;34:16-21.
  • Sato M, Masui K (Corresponding author), Sarentonglaga B, et al. Influence of maternal remifentanil concentration on fetal-to-maternal ratio in pregnant ewes. J Anesth. 2017;31(4):517-522.
  • Iizuka T, Masui K (Corresponding author), Miyabe-Nishiwaki T, Kanazawa H, Nishimura R. Propofol-fentanyl interaction in Beagles – Apnea, response to mechanical ventilation, endotracheal tube, and tetanic stimulation. Research in veterinary science. 2017;115:34-42.
  • Ladha K, Kato R, Tsen LC, Bateman BB, Okutomi T. A prospective study of post-cesarean delivery hypoxia after spinal anesthesia with intrathecal morphine 150 mcg. Int J Obstet Anesth. 2017;32,48-53.

総説・解説

  • 加藤里絵.産科危機的出血への麻酔科的戦略.分娩と麻酔99:46-8,2017.
  • 加藤里絵.循環器系合併症妊婦の硬膜外無痛分娩めぐって.臨床麻酔2017;41:1511-7.
  • 細川幸希、加藤里絵.質疑応答 胎児期に母体が麻酔を受けた影響について.臨床麻酔2017;41:519-25.
  • 加藤里絵.新生児と妊婦の蘇生と2015ガイドライン.麻酔 2017;66:959-65.
  • 加藤里絵.帝王切開術における脊髄くも膜下麻酔のポイント.産科と婦人科2018;74:210-214.
  • 安達真梨子、加藤里絵.異常分娩の麻酔管理-常位胎盤早期剥離,前置胎盤,癒着胎盤,胎盤遺残,子宮内反症.日臨麻会誌2018;38:699-705.
  • 加藤里絵.無痛分娩.昭和大学学士会誌 2018;78:467-73.

著書

  • 加藤里絵.産科救急麻酔.In:日本母体救命システムアドバンスコースプログラム開発・改定委員会(監修)J-MELSアドバンスコースガイドブック.2017;260-6 へるす出版、東京.
  • 藤田那恵、加藤里絵.産科危機的出血.In:松田祐典、田中基(編集)ワンランク上の産科麻酔に必要なエビデンス.2017;151-60.克誠堂、東京.
  • 加藤里絵.妊娠高血圧症候群・HELLP症候群の帝王切開術,産後の出血性ショックに対する止血術.In:武田純三(編集)新合併症患者の麻酔スタンダード.2017;205-13.
  • 藤田那恵、加藤里絵.硬膜外無痛分娩時の胎児一過性徐脈/傍頸管ブロックの胎児徐脈.In:高崎真弓,河本昌志,白神豪太郎,萩平哲(編集)麻酔偶発症合併症A to Z.2017;470-1/473-4.文光堂、東京.
  • 増井健一、担当ページ、88-100, p.104-106, p.109-111、医学系研究、論文投稿上のQ&A、浅井隆()、廣田和美()、山蔭道明()、日本医事新報社、20178
  • 増井健一、担当ページ、643-646、麻酔偶発症AtoZ、高崎眞弓(編)、河本昌志(編)、白神豪太郎(編)、萩平哲(編)、文光堂、2017年6月
  • Masui K、How to Select a PK/PD Model、171-187、Total Intravenous Anesthesia and Target Controlled Infusions: A Comprehensive Global AnthologyEditors: Absalom AR, Mason KP.Springer International Publishing20173

受賞

  • 日本麻酔科学会第64回学術集会 最優秀演題 2017年(加藤里絵,Ladha KTsen LCBateman BB,奥富俊之 帝王切開術における脊髄くも膜下モルヒネ投与後の低酸素血症の頻度と発生時期)

講演、シンポジウム

  • Kato R. Amniotic fluid embolism. The 1st World Congress of Anesthesia on Obstetrics. (Feb 24, 2017, Bali, Indonesia)
  • 加藤里絵 無痛分娩キホンのキ 第5回麻酔科医のための産科麻酔プロフェッショナルセミナー(201734日,新大阪)
  • 加藤里絵 硬膜外無痛分娩の基礎知識 第1回神奈川無痛分娩研究会(2017330日,横浜)
  • 加藤里絵 時代はSingle Shot Spinal~楽して質の高い麻酔が提供できる!~区域麻酔学会第4回学術集会(2017414-5日,名古屋)
  • 加藤里絵 Difficult Airway Society産科気道管理ガイドラインに学ぶ 日本麻酔科学会第64回学術集会(201769日,神戸)
  • 加藤里絵 麻酔科医が知っておくべき産科出血 日本臨床麻酔学会第37回大会リフレッシャーセミナー(2017115日,東京)
  • 増井健一 TIVAの基本、第24回日本静脈麻酔学会、2017.12
  • 増井健一 TIVAハンズオンセミナー、第24回日本静脈麻酔学会、2017.12
  • 増井健一 多変量解析を学ぼう、第6回弘前麻酔セミナー、2017.11
  • 増井健一 予後を良くするために術前からできること、第10回周術期管理チームセミナー、2017.6
  • 石垣さやか、増井健一 ロクロニウム投薬直後の生理食塩液後押しは作用発現時間を短縮し効果持続時間を延長する、日本麻酔科学会第64回学術集会, 2017.6
  • 増井健一 シミュレーションにはどのモデルを選ぶか?、日本麻酔科学会第64回大会, 2017.6

学会発表

  • 加藤里絵,Ladha KTsen LCBateman BB,奥富俊之 帝王切開術における脊髄くも膜下モルヒネ投与後の低酸素血症の頻度と発生時期 日本麻酔科学会第64回学術集会(201769日,神戸)
  • 鈴木將嗣, 細川幸希, 藤田那恵, 加藤里絵, 奥富俊之 超緊急帝王切開シミュレーション 4画面動画再生による振り返りの有用性の検討 第121回日本産科麻酔学会学術集会2017年11月18日,大阪市)
  • Gono T, Masui K, Kawaguchi Y, Ikeda K, Kawakami A, Yamura M, Tanino Y, Nunokawa T, Kaneko Y, Sato S, Asakawa K, Nishina N, Kuwana M, Predictive Modeling of Mortality in Polymyositis/Dermatomyositis Patients with Interstitial Lung Disease Based on Combination of Serum Myositis-Specific Autoantibodies and Conventional Biomarkers, 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, 2017.9
  • Sugawara A, Masui K, Kunisawa T, Is age a covariate of pharmacodynamic interaction model for propofol and opioid?, Euroanaesthesia 2017, 2017.6
  • 冨田 温子, 石垣さやか, 池田健彦, 増井健一;若年女性におけるプロポフォール予測濃度の検討、第24回日本静脈麻酔学会, 2017.12
  • 鎌田ことえ, 増井健一, 長谷川晴子, 廣岡慧子, 堀場綾子, 田村徳子, 林基弘, 尾﨑眞;小児ガンマナイフ症例に対するデクスメデトミジンを主体とした鎮静法の検討、第24回日本静脈麻酔学会, 2017.12
  • 山元たまき, 増井健一,赤井亮介,石垣さやか;ロクロニウム薬物動態モデルの構築― これまでの薬物動態モデルの問題点の解決のために ―、日本麻酔科学会第64回学術集会, 2017.6

2016年以前の業績の抜粋(原著論文・受賞等)

原著論文

  • Itakura S, Masui K (Corresponding author), Kazama T, Rapid Infusion of Hydroxyethyl Starch 70/0.5 but Not Acetate Ringer’s Solution Decreases the Plasma Concentration of Propofol during Target-Controlled Infusion, Anesthesiology 2016; 125:304-12.
  • Sasakawa T, Masui K (Corresponding author), Kazama T, Iwasaki H, The predictive ability of six pharmacokinetic models of rocuronium developed using a single bolus: evaluation with bolus and continuous infusion regimen. J Anesth 2016 ;30:620-7.
  • Takaenoki Y, Masui K (Corresponding author), Oda Y, Kazama T. The Pharmacokinetics of Atomized Lidocaine Administered via the Trachea: A Randomized Trial. Anesth Analg 2016 ;123:74-81
  • Ishigaki S, Masui K (Corresponding author), Kazama T. Saline Flush After Rocuronium Bolus Reduces Onset Time and Prolongs Duration of Effect: A Randomized Clinical Trial. Anesth Analg 2016;122:706-11.
  • Miyabe-Nishiwaki T, Masui K (Corresponding author), Kaneko A, Nishiwaki K, Nishio T, Kanazawa H. Evaluation of the predictive performance of a pharmacokinetic model for propofol in Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata). J Vet Pharmacol Ther 2013;36:169-73.
  • Tsutsui M, Araki Y, Masui K, Kazama, T, Sugo Y, Archer TL, Manecke GR Jr. Pulse Wave Transit Time Measurements of Cardiac Output in Patients Undergoing Partial Hepatectomy: A Comparison of the esCCO System with Thermodilution. Anesth Analg. 2013;117(6):1307-1312
  • Yufune S, Takamatsu I, Masui K, Kazama T. Effect of remifentanil on plasma propofol concentration and bispectral index during propofol anaesthesia. Br J Anaesth 2011;106:208-14.
  • Kodama M, Satoh Y, Otsubo Y, Araki Y, Yonamine R, Masui K, Kazama T. Neonatal desflurane exposure induces more robust neuroapoptosis than do isoflurane and sevoflurane and impairs working memory. Anesthesiology. 2011;115(5):979-991
  • Masui K, Upton RN, Doufas AG, Coetzee JF, Kazama T, Mortier EP, Struys MM. The performance of compartmental and physiologically based recirculatory pharmacokinetic models for propofol: a comparison using bolus, continuous, and target-controlled infusion data. Anesth Analg 2010;111:368-79
  • Miyabe-Nishiwaki T, Masui K (Corresponding author), Kaneko A, Nishiwaki K, Shimbo E, Kanazawa H. Hypnotic effects and pharmacokinetics of a single bolus dose of propofol in Japanese macaques (Macaca fsucata fsucata). Vet Anaesth Analg. 2010;37(6):501-510
  • Masui K (Corresponding author), Kira M, Kazama T, Hagihira S, Mortier EP, Struys MM. Early phase pharmacokinetics but not pharmacodynamics are influenced by propofol infusion rate. Anesthesiology 2009;111:805-17
  • Kawaguchi M, Takamatsu I, Masui K, Kazama T. Effect of landiolol on bispectral index and spectral entropy responses to tracheal intubation during propofol anaesthesia. Br J Anaesth. 2008;101(2):273-278
  • Takita A, Masui K, Kazama T. On-line monitoring of end-tidal propofol concentration in anesthetized patients. Anesthesiology 2007;106:659-64
  • Masui K (Corresponding author), Kashimoto S, Furuya A, Oguchi T. Isoflurane and sevoflurane during reperfusion prevent recovery from ischaemia in mitochondrial KATP channel blocker pretreated hearts. Eur J Anaesthesiol. 2006;23(2):123-129

受賞

  • 22回日本静脈麻酔学会 JSIVA (筆頭演者 石垣さやか、共同演者 増井健一;2015)
  • 20回日本静脈麻酔学会 JSIVA (筆頭演者 増井健一;2013)
  • 19回日本静脈麻酔学会 JSIVA (筆頭演者 原真理子、共同演者 増井健一;2012)
  • 13th EuroSIVA Annual Scientific Meeting Three Best Abstracts (筆頭演者 増井健一;2010)
  • 17回日本静脈麻酔学会 JSIVA (筆頭演者 筒井紗也子、共同演者 増井健一;2010)
  • 16回日本静脈麻酔学会 JSIVA (筆頭演者 増井健一;2009)
  • 55回日本麻酔科学会ソフトウェアコンテスト優秀賞 (筆頭演者 増井健一;2007)
  • 49回日本麻酔科学会ソフトウェアコンテスト優秀賞 (筆頭演者 増井健一;2001)

昭和大学麻酔科学講座では、麻酔科学分野やその他の医学分野でのトップジャーナルでの原著論文の発表、症例報告掲載や学会での講演、一般演題発表、教科書の執筆等の学術活動を行っています(研究業績参照)。最新のトピックの一つである新しい静脈麻酔薬レミマゾラムの研究をはじめ当講座ではさまざまな分野の臨床研究を進めています。臨床研究の施行には、麻酔の進歩に繋がる研究テーマの選択、未解決の問題を調査し臨床に役立つ結果を得るための適切な研究プロトコールの作成、年々変化し複雑化する臨床研究の環境への準拠(「臨床研究法」「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」や適正な臨床研究データの収集・取扱等)、理論的な研究論文の執筆など、多岐に渡る知識やスキルが必要となります。当講座では、研究に携わる人のそれまでの経験や特性に合わせて、必要となる教育やサポートを行いながら研究を進めていくような体制を取っています。このため、多くの医局員がさまざまな形で臨床研究に参加しています。