3Dプリンタを導入しフェイスシールド作成可能になりました!


昭和大学病院では、COVID-19感染の第2波、第3波が来ても安全な医療を提供できるように備えを進めています。
麻酔科医室に3Dプリンタを設置し、フェイスシールドの作成ができるようになりました。

フレームを3Dプリンタで作成し、シールド部はクリアファイルを転用しています。

なお、フレーム3Dデータ提供及び3Dプリンタ設定方法等については、3D PRINT FACE SHIELD GROUPの皆様にご協力いただきました。心より感謝申し上げます。

(細川麻衣子)

フェイスシールド無償提供のお願いに応えて頂きました


新型コロナウイルスの感染拡大を受けて様々な医療機関で物資が不足している中で、昭和大学病院麻酔科学講座でもフェイスシールドの無償提供をお願いしたところ、ものづくり業界に関わる企業の方々から、無償提供を快諾して頂きました。

コムネット株式会社様よりアクリルボックスとフェイスシールドを提供して頂きました

ミマキエンジニアリング株式会社様よりフェイスシールドを提供して頂きました

提供していただいた物資は大切に使用させて頂きます。
ご協力いただいた企業の方々に御礼を申し上げます。

(田中典子)