3Dプリンタを導入しフェイスシールド作成可能になりました!


昭和大学病院では、COVID-19感染の第2波、第3波が来ても安全な医療を提供できるように備えを進めています。
麻酔科医室に3Dプリンタを設置し、フェイスシールドの作成ができるようになりました。

フレームを3Dプリンタで作成し、シールド部はクリアファイルを転用しています。

なお、フレーム3Dデータ提供及び3Dプリンタ設定方法等については、3D PRINT FACE SHIELD GROUPの皆様にご協力いただきました。心より感謝申し上げます。

(細川麻衣子)