新人でも最先端機器で麻酔がバリバリできる和気藹々とした環境


山下昌平先生 合田廷大先生
昭和大学麻酔科 後期研修医1年目
ーなぜ麻酔科を選んだのですか?

山下先生:研修で麻酔科を回ってみてその面白さに気づいて選びました。特に集中治療領域で全身管理の面白さを感じ、手術麻酔やICUなどをやりたいと考えています。

ICUは病態が複雑なのでわからないことが多くありますが、そこで試行錯誤して結果的にいい方向に導いていけるという、難しいがゆえの達成感がありますね。

合田先生:全身管理を学ぶことで目の前の命が危ぶまれる人たちを助けたい、救命したいという想いがあり麻酔科を考えました。
さらに麻酔科では緩和ケアやペインが学べ、終末期の人たち、死が徐々に近づいている人たちの力にもなれるのではないかと思ったからです。

ー麻酔科のなかでも昭和大学を選んだのはどうしてですか?

山下先生:私は出身大学は別ですが研修は昭和大でした。そもそも研修でここを選んだのは外部からも入りやすい土壌があり、出身など関係なく受け入れているというのがありました。
研修時にも麻酔科を回り、先生方には懇切なご指導いただいて居心地がよく、わからないことも聞きやすいですし、こんなにフラットで和気あいあいとした医局は他にないと思います。

合田先生:宮崎出身ですが、東京で麻酔科の研修をしたいと思って調べていた時に見つけたのが昭和大でした。さまざまな専門の先生が揃っているのがとても魅力的に思えました。

実際に見学に来てみると、アットホームな雰囲気で、この環境は勉強になるのではないかと思いました。
見学時に大嶽教授に言われた「ただ麻酔科専門医取得だけが目標なのではなく、数十年後のビジョンをイメージしながらやってほしい」という言葉が今でも胸に響いています。

ー実際に入職してみて、昭和大麻酔科はどうですか?

山下先生:各分野のスペシャリストの先生方からハイレベルな教育を受けられるだけでなく、他にはない最新の機材が豊富に揃っているのも麻酔科医としてありがたいです。
麻酔科はモニターが大事ですが、いろいろなモニターを使うことで答え合わせをしながら麻酔をかけられるのは新人教育にはいいことだと思っています。

合田先生:初日からバリバリ臨床をやらせていただき、年齢が近い先生にも離れている先生にもいろいろと面倒をみていただき、いい環境で働いています。1日の流れが早く忙しいですが毎日充実していると感じています。

ー理想の医師像、医師として目指していることなどについて教えてください。

山下先生:今は自分の仕事に妥協せず、自分の仕事に自信を持てるようになりたいです。
麻酔科はいろいろな科の先生と関わる仕事なので他の科の先生から見て信頼していただけるような、安心して任せていただけるような医師になりたいと思います。

合田先生:患者さんの心に寄り添える医師になりたいですね。将来は地域医療などもやりたいと思っていますので、患者さんと家族のような関係性を築けたらいいなと思います。

病院はわれわれにとっては仕事場であり日常ですが、患者さんにとっては非日常の場所なので、患者さんが家でどのような生活をしているのかを考えながらやっていきたいと思っています。

ー旗の台はどのような街ですか?

山下先生:目の前に昔ながらの商店街があり、落ち着いていてまさに昭和という感じですね(笑)。

住宅街もあり静かで、大学も駅から近いですし、周辺に美味しいお店もあるので便利です。自由が丘、代官山、渋谷などのお洒落エリアにもすぐに行けます。

旗の台周辺にも住みやすい街が多いですので、周辺に住んで旗の台に出勤というチョイスもあり、いい環境だと思います。

ー1日の流れを教えてください。

合田先生:麻酔科は朝が早いため、7時くらいに病院に来て、その日の担当の手術の準備をします。7時45分から朝のカンファレンスまでに自分の手術の準備を終える必要があります。だいたい8時30分くらいからオペが始まり、その時間に合わせてオペ室で待機しています。
手術は日によって違います。短い手術が3、4件の日もあれば、長い手術1件などばらつきがあります。昼の時間帯に30分程度休憩。自分の担当手術が終わったら、明日の準備をします。終わるのは平均して19、20時くらいでしょうか。

一番大事なのは翌日の手術の患者さんに直接会いに行くことです。電子カルテに記載されていることが、本人に話を聞くと違っていた、書いていない合併症などがあったりなどしますし、気管挿管するときに骨格によっては挿管が難しい人もいます。
実際に会って問題点を抽出し、それを上級医に相談して明日の麻酔計画を練るという作業がとても大切です。

ー最後に、昭和大学麻酔科に入局を考えている先生にメッセージをお願いします。

山下先生:いろいろな先生方がいて、いろいろな考え方が学べる環境だと思います。
ひとつの考え方に固執しないで、フレキシブルに麻酔を学べる環境です。

豊富な症例があるというのも魅力ですので、たくさんの症例を経験して成長できますので、是非入局してください。

合田先生:このたった1ヶ月でたくさんの症例を経験できました。

スペシャリストの先生が揃っているので、ここで学べば間違いなく成長できると思います。優しい先生が多いので、自分がわからないこと、心配なことなど遠慮なく聞くことができるので、とてもいい環境です。

 

▶ 後期研修(レジデント・フェロー)プログラムの特徴