産科麻酔


昭和大学病院は、産科麻酔を研修できる数少ない施設の一つです

なぜ、産科麻酔という分野が必要なのでしょうか?

第一の理由は、産科の特殊性です。ひとつの症例で母体と胎児、2人の命を預かるのですから、責任も2倍と言えます。
第二の理由は、幅広い知識が必要とされる点です。妊娠にともなって母体の循環・呼吸状態は劇的に変化します。分娩に特有な合併症も数多くあります。的確に対応するためには、産科医に負けないくらいの知識が求められます。

産科麻酔の守備範囲は?

産科麻酔の守備範囲は、帝王切開の麻酔や無痛分娩だけではありません。妊娠中の非産科手術から分娩後の出血まで広く関与します。

例えば、妊娠中の急性虫垂炎の症例で、腹腔鏡下虫垂切除術を申し込まれたとしましょう。全身麻酔の薬剤が胎児に及ぼす影響は? 気腹は安全に行えるのか?

母児の安全を守るためには、麻酔科医の知識が問われます。
ここに、産科麻酔研修をうける意義があると考えます。

昭和大学の産科麻酔とは?

産科麻酔における麻酔科医の役割は、産婦人科や助産師、救急科などと協働して、産科診療をサポートすることです。麻酔科医のやる気があっても、環境が整わなければ活動範囲は限られてしまいます。

昭和大学の産科麻酔の特徴は、なんといっても産婦人科の活動性の高さです。年間の分娩件数は約1200件、低リスクから高リスクまで幅広い症例を扱います。これは大学病院としては全国屈指の分娩数を誇ります。
また、昭和大学は東京都母体救命搬送システム(スーパー母体救命システム)の一翼を担っているため、産科救急症例にも事欠きません。

昭和大学病院で無痛分娩を学ぶということ

昭和大学病院では、2018年に加藤里絵医師(教授)をむかえて本格的に無痛分娩を開始しました。加藤医師の前任地である北里大学は、過去50年にわたって無痛分娩に取り組んできた国内有数の大学病院です。そこでの経験にもとに、昭和大学の無痛分娩のシステム構築に取り組んできました。

昭和大学病院の特徴は「チーム医療」ですが、こと産科領域に関しては、まさにチーム力が発揮されています。母児の安全を守り、快適な分娩を提供するという目標に向かって、チームが一丸となって取り組んでいます。その成果として、無痛分娩の件数は急速に増えています(下図)。

また、昭和大学病院では無痛分娩の進行について産科医・助産師・麻酔科医(ときには産婦本人を交えて)でディスカッションを行います。
このコミュニケーションによって、症例について深く学ぶことが出来るのです。

新生児蘇生法についても学べます

麻酔科医は帝王切開の麻酔で分娩に立ち会います。予定の帝王切開なのに生まれてきた新生児がぐったり…何をすればいいのでしょうか。人工呼吸?胸骨圧迫?

出生直後の新生児は危機的状況に直面しています。子宮内では胎盤から酸素が供給されていましたが(胎児循環)、出生後は自らの肺呼吸で酸素を取り込まねばなりません(肺循環)。

出生時に胎外環境に適応できず、なんらかの蘇生が必要となる新生児は10人に1人とされます。幸いなことに、多くの症例が適切な換気補助だけで蘇生できます。
そう!呼吸のエキスパートである麻酔科医の出番です。

産科麻酔研修では多くの分娩現場に立ち会うので、新生児蘇生に触れるチャンスが豊富です。
これを機会に新生児蘇生法をマスターして、母体だけでなく新生児の救世主にもなってみませんか?