昭和ペインクリニック同門会2015


毎年、うちではペインクリニック同門会があります。

ここでは、現役の我々が現在どんな事を行っているのかを諸先輩方に発表し、忌憚のないご意見を頂くことができます。

今回は3人の先生が発表されました。

私は頭痛、頚部痛、肩甲骨周囲の痛みに対して、脊髄神経後枝内側枝へのアプローチを行っておりますので、その症例報告を行いました。

ペインで非常にご高名な増田豊先生もOBであり、また漢方で有名な世良田和幸先生もOBの先生ですので毎年来られます。

先輩方から予想外のご質問を頂き、新たなテーマを発見しながら、また長年の体験などを教えて頂きながら、皆でディスカッションします。

勉強会の後は諸先輩方が本当に分け隔てなく、普段行っていらっしゃる治療や、外には出でていない貴重な症例を話してくださいます。その一つ一つが自分の経験となります。

下記の写真は集合写真です。そこまで大人数ではないからこそ可能になる、温かみのある勉強会です。

スクリーンショット 2015-11-03 11.26.42