2014 SICA報告


こんにちは。

2014年4月から旗の台にある昭和大学病院で医科研修をさせていただいております、歯科麻酔科の川本です。

2014年11月7日に韓国のソウルで開催されたSICA(Seoul International Conference of

Anesthesiology)に参加させていただきましたのでご報告させていただきます。

今回は大嶽教授、藤ヶ丘病院の奥先生と一緒に参加させていただきました。

会場となったLotte Hotel Worldはソウル南部の中心地である蚕室にあり、

ホテルからは、ちょうど綺麗に色づいた紅葉を眺めることができました。

SICA1

ホテルにはいると3Fが学会会場となっています。

SICA2

3F会場には企業ブースが設置されており、多くの参加者で賑わっていました。

展示されている最新の医療器具のなかには昭和大学病院への導入が検討されているものもあり

大変興味深く見ることができました。

講演会場では、大嶽教授が “Anesthesiologists training and subspecialties in Japan”という標題で

日本における麻酔医の教育システムについて発表なさいました。

現在の認定医、専門医、指導システムと2015年から新しく導入される新専門医制度に関して

わかりやすく説明してくださいました。

海外でMBAを取得され、アメリカとオーストラリアでの臨床留学も経験された大嶽教授の英語の

プレゼンテーションはとても素晴らしく、自分も大嶽教授を目標として英語を勉強していつか海外

で発表してみたいと思いました。

SICA3

そして、夜はGALA DINNER ~Evening of SICA~ に参加させていただきました。

漢江でのディナークルーズです。

SICA4

GALA DINER には多くの著名な麻酔科医の先生方が一同に会しておりました。

SICA5

また、今回の学会期間中、大阪大学麻酔科の萩平先生と終日ご一緒させていただきました。

私のような若輩者にも気さくにお話してくださり、麻酔のことから人生についてまで

幅広く貴重なお話を伺わせていただき本当に感謝しております。

この場を借りて御礼申し上げます。

SICA6

ディナー会場では、韓国の伝統芸能やK-POP歌手によるパフォーマンスが行われました。

途中、ゲストの中から選出された先生方が前に出て江南スタイルを踊る、という場面があり

見事選出された大嶽教授が華麗な江南スタイルを披露なさっていました!

SICA7

今回、私は初めて海外の学会に参加させていただきました。

入局2年目の歯科麻酔医では通常体験できないような経験をする機会を与えてくださった大嶽教授

に深く感謝したいと思います。

普段はついつい、日常の目の前の麻酔業務をこなすことに精一杯になってしまいますが、

今回の学会で広く視野を持ち続けることの大切さを痛感致しました。

この貴重な経験で学んだことを胸に、また日々学んでまいりたいと思います。

また、私が昨年4月に昭和大学病院で医科研修をスタートしてから約1年がたちました。

まだまだ日々わからないことの連続ですが、いつも丁寧にご指導くださる先生方に支えられて

日々悩みながらも楽しく麻酔を学ぶことができています。

この場を借りて諸先生方には深く感謝を申し上げます。

今回の学会にもお忙しいなか快く送り出していただき、本当にありがとうございました。

 

川本 弓育