昭和大学PNBワークショップのお知らせ (11月15日)


超音波ガイドによる方法の普及により、末梢神経ブロックは麻酔科医として必要不可欠な技術になりつつあります。手術患者の高齢化、ハイリスク化により、末梢神経ブロックを必要とする症例は今後も増えていくことが予測されています。

今回、超音波ガイド下末梢神経ブロックに関して、日本の第一人者である名古屋大学の柴田康之先生をお招きして、昭和大学PNBワークショップを行います。柴田先生のセミナーは各所ですぐ満員となり、なかなかとれないことでも有名です。ご講演の後は、ハンズオンで実際に手を動かして技術を体得できる機会も設けています。

場所は、本年3月に竣工したばかりの江東豊洲病院で行います。ベイエリアの風景を楽しみながら、一歩ステップアップしてみませんか。

参加希望の方は、昭和大学麻酔科医局の下記メールアドレスまでご連絡ください。
E-mail:masuika@med.showa-u.ac.jp


 

■開催要項

日時
11月 15日(土) 13:00 ~ 16:00
会場
昭和大学江東豊洲病院 9階 講堂
〒135-8577 東京都江東区豊洲5-1-38 (Googleマップで確認)
TEL:03-6204-6000(代表)
共催
丸石製薬株式会社
株式会社富士フィルムソノサイト・ジャパン


 

■プログラム

13:00 ~ 14:00

講演
超音波ガイド下末梢神経ブロックの考え方(仮題)

司会:
昭和大学医学部 麻酔科学講座 主任教授
大嶽 浩司 先生

演者:
名古屋大学医学部附属病院 麻酔科 講師 手術部副部長
柴田 康之 先生

14:10 ~ 16:00

ワークショップ
末梢神経ブロックハンズオン

演者:
名古屋大学医学部附属病院 麻酔科 講師 手術部副部長
柴田 康之 先生


 

■会場案内

20141115_ワークショップ_1

20141115_ワークショップ_2

アクセス方法

  • 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」6b出口より徒歩6分
  • ゆりかもめ線「ゆりかもめ豊洲駅」南出口より徒歩6分
  • 車の場合、首都高速湾岸線「東雲JCT」豊洲出入口
  • Googleマップで確認