日本小児麻酔学会 2016.10.9


こんにちは。

稲村ルヰです。よろしくお願い致します。

私は昨年まで、昭和大学病院からの出向で、成育医療センターで勤務をしていました。小児麻酔が大好きです。

先日、日本小児麻酔学会に参加して参りました。

興味深いシンポジウムが沢山あり、手術室外での麻酔、チャイルドライフスペシャリスト、術後鎮痛、レミフェンタニル、カフありチューブ、神経発達への影響、緩和医療などなど、とても勉強になりました。
ポスター発表では見たこともない症例や、麻酔管理など各病院の麻酔管理について知ることが出来ました。
昭和大学からは3つの演題が発表されました。

 

image1

今回が初めての発表になる、奥村先生です。
データを集め、ポスターを作り、発表にそなえて上級医に教えてもらいながら頑張っていました。
私が言うのもなんですが、昭和大学には面倒見のいい優しい先生が沢山いるんです。

 

image2

発表には教授も駆けつけました。

 

データ取りを一緒に手伝い、当日も心配して駆けつけてくれた先輩の吉田先生と記念撮影をしてみました。

image3

 

昭和大学は口唇口蓋裂をはじめとした外奇形の小児症例が多くあります。
学会でのお勉強を今後の小児麻酔に活かしていきたいと思います。

稲村 ルヰ