医師としての選択肢を広げられるところが昭和の麻酔科の魅力


昭和大学麻酔科 後期研修医
石井瑞英 先生

 

昭和大学の麻酔科を後期研修先として志望した動機を教えてもらえますか?

interview_amano_01私は昭和大学の出身なのですが、研修でいろいろな科を回る中で、全身管理に興味を持ちました。

腎臓内科や消化器内科ですと、特定の臓器についての管理を行う形になります。ところが、麻酔科ですとすべての臓器を診ながら全体として管理をします。私は麻酔科医として1人の患者を全体として診られるという点がおもしろいと感じました。

また、麻酔科は自分が行ったことが術後すぐに結果として出るところもおもしろいと思いました。特に上手くいったときは達成感があり、充実した研修を行えた満足感がありました。

さらに昭和の麻酔科は女性の医師が多く、自分の将来像がイメージしやすかったことも昭和の麻酔科を選んだ理由の一つです。麻酔科医と家庭の双方をうまく両立している先生が昭和の医局には多くいました。

そのため何年後にはこういう先生みたいになっていて、こういう自分の生活スタイルが出来るのかなというイメージができたので志望することにしました。

昭和大学麻酔科の雰囲気、指導の体制について教えて頂けますか?

医局の雰囲気としてはアットホームな感じです。入ってからもみんな優しいです。ですが、なあなあの空気というわけではなく、指導もちゃんとして頂いています。独り立ちできるまでは上の先生がきちんと面倒をみてくれます。

麻酔科の同期との関係について教えて頂けますか?

interview_amano_02同期は一番相談しやすい仲間です。特に上の先生に聞いたら怒られそうな質問はまず同期から聞きます。

また、初めてあたる症例がでてきた際に同期が先にやっていたら必ず聞いておきます。そうすると私のときはこのポイントに気を付けようとわかることがあります。

他の科の同期の医師との交流もありますか?

あります。特に昭和大で初期研修をした人はその頃からの付き合いになるので仲がとても良いです。また、お互い自分の科以外でわからないことがある際には質問もよくしています。やはり同期の方がお互い何かと聞きやすいです。

週1回の外勤ができると伺いました。

はい。週に1回、外の病院へ行きます。外の病院では昭和大と手術や麻酔のやり方が違うので経験の幅がかなり広がると思っています。

私自身は、今、整形外科に強い病院へ行っているのですが、大学よりも高い頻度で神経ブロックを実施しています。大学病院ですとどうしても重い症例が中心になってしまうので、神経ブロックのような処置は外だとより多く経験できると思います。

旗の台という環境はどのように思われますか?

旗の台はこぢんまりとした落ち着いた感じの街ですが、都心にもすぐ出られるのが魅力だと思います。

旗の台にもご飯屋さんはいっぱいあるのですが、自由ヶ丘、渋谷にもすぐ出られます。実際、自由ヶ丘まで出て食事をしたりすることが多いです。

最後に昭和大の麻酔科で後期研修を検討されている方へメッセージを頂けますか?

昭和の麻酔科の良い点は、医師としての選択肢を広げられることだと思います。いろいろな分野に強い系列病院が多くありますし、将来的には留学などの選択肢もあります。

また、教授も明確にそういった方針を打ち出してくださっています。ぜひ、一度見学にきて頂いて雰囲気の良さを実感して頂きたいと思います。

石井瑞英 先生 / 昭和大学麻酔科 後期研修医
石井瑞英 先生 / 昭和大学麻酔科 後期研修医

 

▶ 楽しそうな雰囲気の中で様々な臨床経験を積めるのが良いところ