プログラムのローテーション


周囲から信頼され、患者の「命を守る」麻酔科医を育成することがプログラムの方針である。常に予期せぬことが起こりえる医療現場において患者の命を守るには、多様性、柔軟性を備えた言わば「不用意の用意」の心と、チーム医療においてリーダーシップを発揮できる高い倫理観と豊かな人間性が不可欠である。本プログラムでは関連施設と連携し、上記の資質を養い、周術期に患者の命の最後の砦となれる麻酔科医を育成できる教育体制を提供する。

具体的なカリキュラムとしては、研修前半は附属4病院にて一般的な知識・技術を習得し、研修後半に関連施設にて専門的な経験を積むことを基本とする。ペインクリニック、集中治療の研修は、必ず一定期間行う。個別のローテーションに関しては、できる限り個人個人の希望に沿えるよう専攻医ごとにオーダーメイドのアレンジを行う。

また、半年ごとにプログラム責任者とフィードバック面談を行い、専攻医ごとの発展を評価する体制をとる。

研修実施計画の例 (実際には個別の希望に応じてオーダーメイドで行う)

1年目 2年目 3年目 4年目
A. 麻酔全般 昭和大学病院 昭和大学病院 聖路加国際病院,成育医療研究センター 昭和大学江東豊洲病院,東京ベイ医療センター
B. 麻酔全般 昭和大学横浜,市北部病院 昭和大学横浜市北部病院 東京労災病院,埼玉小児医療センター 昭和大学藤が丘病院,小倉記念病院
C. 麻酔全般 昭和大学病院 昭和大学横浜市北部病院 湘南鎌倉病院,がん研有明病院 昭和大学病院,成育医療研究センター
D. 産科,ブロック,ICU重点型 昭和大学横浜市北部病院 昭和大学病院 愛育病院,東京労災病院 自治医大さいたま医療センター
E. 小児重点型 昭和大学病院 昭和大学病院 成育医療研究センター 愛育病院,埼玉小児医療センター
F. 心臓重点型 昭和大学病院 昭和大学横浜市北部病院 湘南鎌倉病院,自治医大さいたま医療センター 小倉記念病院,埼玉小児医療センター
G.大学重点型(ママ対応) 昭和大学病院 昭和大学横浜市北部病院 昭和大学江東豊洲病院 昭和大学藤が丘病院

 

▶ 戻る