後期研修(レジデント・フェロー)プログラムの特徴


昭和大学は東京・横浜の都心部に 4 つの附属病院を持つ。本プログラムは、附属 4 病院に加え、都内近郊にある専門性に秀でた基幹研修施設・関連研修施設と連携し、都心部から移動することなく、多様な症例を経験できるように構成されている。本プログラムの多彩な連携ネットワークは、心臓外科麻酔(成人・小児)、胸部外科麻酔、小児麻酔、産科麻酔、神経ブロック症例などの特殊麻酔に関する症例・指導者が充実しており、専門医取得後に自らのサブスペシャリティを確立していく機会に多く恵まれている。

本プログラムの特徴は、上記の「多彩な臨床経験」に加え、「多様性」「海外経験」である。専攻医はペインクリニック、集中治療のローテーションを必ず行う。若いうちからの海外経験を重視し、どの専攻医もプログラム期間中に海外での学会発表の経験、海外病院への視察派遣ができるように指導を行う。さらに希望者には、救急や小児科など他診療科での研修、海外への臨床留学や、基礎の教室でのラボ研究など、自らのやりたいことを全面的にバックアップする体制も他に類をみない特徴である。

 

▶ プログラムのローテーション