主任教授からのご挨拶



麻酔科医は命を守る専門家

もともとは手術中の麻酔管理から始まった麻酔科は、今や「命を守る専門家」として、術前から術後までの期間の患者の全身状態の管理を行います。
患者が高齢化し、合併症を多く持つ現代医療において、 術前のリスク管理、術後の集中治療に関わり、患者と外科医に安全な環境を提供する、全身管理のできる麻酔科医が必要とされています。
生命現象は非線形で、医療現場では予期せぬことが起こりえます。予期せぬ事態にも臨機応変に対応できるよう「不用意の用意」の精神を持った多様性、柔軟性を備えた医療人材を育てていく方針です。


One-Showaの理念と3つの診療領域

当講座の提供する専門研修プログラムでは、東京・横浜に位置する昭和大学附属の4つの病院(昭和大学病院、藤が丘病院、横浜市北部病院、江東豊洲病院)が1つの理念を共有し、“One-Showa”として、充実した研修・教育体制を築いています。研修病院が複数あるため、 一つのやり方に固執することなく、多様な考え方やスキルを身につけることができるのが特徴です。
当プログラムでは「周術期管理」「集中治療」「ペインクリニック」の3つの診療領域をローテーションして研修を行います。それぞれの領域は密接に関わっているため、例えば集中治療のローテーションを終えると、おのずと手術麻酔を行う際に自らに幅の広い視野が備わっていることが実感できます。領域連携のとれた臨床を行うために、3つの領域の指導スタッフが必ず一緒に朝のカンファレンスを行うことも、スムーズな研修ローテーションを可能としています。

figure


多職種との協働と多様性の獲得

大学病院の医療現場は様々な医療職であふれています。当講座では麻酔科を目指す医師だけでなく、全身管理のスキルを学びたい他の診療科の医師、様々な医療職の方々や医療系学部の学生、海外から来られた医師たちなどが一緒に研鑽を積んでいます。様々な人の行き交う臨床現場で多様性を獲得することは、人生を豊かにする一助になると考えています。


医局で輝くのは医局員

当講座では医局とは医局員それぞれがプロフェッショナルとしての夢を叶える場と位置づけています。3つの領域の診療を通じて社会に貢献するため、医局員同士が互いに敬意を持ち助け合って、診療しています。講座主任である私の役目は、1)医局員一人ひとりが輝けるような活躍の舞台を整えること、2)医局員が行った診療に対して最終責任を取ることです。
当講座での臨床経験を経て、仲間を作り、自らの夢を叶え、実りある人生を歩んでいただくことを期待しています。

昭和大学麻酔科 教授 大嶽浩司

昭和大学麻酔科 主任教授
大嶽浩司

▶ スタッフ紹介