麻酔科医局説明会2018 開催のお知らせ


2019年の麻酔科研修について、昭和大学医学部麻酔科医局説明会を開催致します!

第1回は5月12日(土) 14時より、昭和大学病院 中央棟7会研修室で行います。

当日は毎年好評の「挿管困難シミュレーションマシンを使った挿管スピード競争大会」を実施し、 一等賞には豪華賞品のプレゼントがあります!

説明会のあとには、気軽にスタッフと意見交換ができるよう、ささやかな懇親会があります。

昭和大学医学部麻酔科の研修にご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

みなさんのご参加、心よりお待ちしております。

問合せ
昭和大学病院麻酔科医局: 03-3784-8575
お申込み: お申込みエントリー

9月9日 専門医実技対策


昭和大学麻酔科の木村真也です。

9/9専門医実技対策のご報告です。

 

振り返れば、小生の専門医試験からもう一年が経ちました。
とても辛かった記憶があります。が…
喉元過ぎれば熱さ忘れる、と言いますが、確かに。
最早、あの時の辛さは忘れかけているように思います。

思い返すと、小生の受験の際は、同時に受験する同士が沢山いた事や、例年行って頂いている医局での専門医試験対策等に助力を頂いた事が、合格に向けての礎になったように思います。
今年も、この専門医実技試験対策が、専門医受験する皆様の手助けになれれば嬉しいですね。

 

今回は、9/9土曜日の午前中を使って、専門医実技試験を模した対策を行いました。
今年の専門医受験生を始め、若手医局員、初期研修医、他院からも数名いらっしゃって頂きました。

ACLSブースでは、シミュレータ人形を使い、ACLSのアルゴリズムを叩き込んでいきます。
昨年の実際の試験では子供の人形が出て来て、とても焦ったことを思い出しました。

DAMブースでは、換気困難人形を用いて、換気困難の対処、挿管困難の対処をシミュレーションしていきます。
換気困難は、triple airway maneuverや、oral airway挿入など、手だけでなく口を動かしてやってもらいました。
挿管困難に対しては、SGAや気管支鏡等を駆使して、各々に対処して頂きました。
案外、色んなやり方があって面白いですね。

DLTブースでは、ダブルルーメンチューブの挿管から固定位置の同定、気管支の確認などを含めて、挿管人形と気管支鏡を用いて行います。
当院では、呼吸器外科があるので、いつもやっている事ではありますが、改めて確認というのも大事ですね。

輪状甲状膜穿刺ブースでは、実際のキットを人形に挿入していきます。
コレは経験が無いとなかなか難しいですよね。

TEEブースでは、シミュレータを拝借して、実際に触って頂きました。
このシミュレータは、実際の使用感に遜色ない操作性で、典型的な画像を出す事が出来ます。
心臓血管外科以外の手術だと触らないし、若手だと術中は満足に触れない事も多いと思います。
良い機会になったのではないでしょうか。

やはりイメトレだけだと限度がありますし、実際に手を動かしてやっておくのは大事ですね。

あと一週間と試験が迫ってまいりました。
専門医試験受験生の皆さん、頑張って!

地方会・同門会のご報告〜9月2日


昭和大学麻酔科の木村です。

9月になり、世間はだいぶ涼しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

up遅くなっちゃいましたが、今月は、イベント盛り沢山なので、ブログじゃんじゃんupしていきますよ!

先週末の土曜日は、日本麻酔科学会の関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会が新宿は京王プラザホテルで行われました。
昭和大学関連病院からは、10件ほどの発表がありました。
支部集会は、若手の登竜門的な側面があり、今回も多数のフレッシュが発表をしてくれました。

みんな、緊張はしていましたが、手応えは悪くなかったのではないでしょうか。
フレッシュのみんなが発表をして、医局を盛り上げてくれるのは、とても嬉しいですね。
今後も、皆さん張り切って学会発表などに取り組んで頂きたいと思います。

改めて、今回の発表の感想をフレッシュの先生に書いて頂きたいと思いますので、乞うご期待!

夕方からは、昭和大学麻酔科学講座の同門会で集まりが執り行われました。
これまでは、同門会が存在せず、忘年会や、大きなイベントに個人的にご参加頂く先輩方はいらっしゃいました。
そういった繋がりを大事にしようとの思いから、今回の会合から同門会が発足された次第で御座います。
現医局員から、元医局員の他院でご勤務の先生方、OBの先生方まで大勢の皆様にお集まり頂きました。

まずは先々代教授の細山田先生からのお話で幕を切りました。
我々が生まれる前の頃からの、昭和大学麻酔科の歴史をたっぷりとお話し頂きました。
歴史をお聞かせ頂くのは、我々の現在を確認する上でも非常に為になることであります。
貴重なお話、有難う御座いました。

お話の後は、同門会総会の後、宴の時間となりました。
美味しい食事とお酒で、話も弾みます。
今後も同門の力を合わせて、昭和大学麻酔科の発展を祈念して改めて結束を深めていきましょう。
ご参加いただいた皆様、どうも有難う御座いました。

次回は、専門医対策です。乞うご期待!

7月8日第二回医局説明会


こんにちは、昭和大学病院麻酔科1年目の加島有紀です。

7月8日に行われた第2回医局説明会のご報告です。

暑い中、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

大嶽教授のご挨拶から始まりました。麻酔科医とは、という理念も含めて当院の紹介をしていただきました。

医局長の上嶋先生から、当科の研修のポイントのご説明がありました。手術麻酔はもちろん、ペインや集中治療もしっかり研修できるのが大きな魅力です。

その後、1年目の新原が実際の研修生活の内容や雰囲気を説明し、酒井先生が“ママさん”麻酔科としての働き方をお話してくださいました。

さて、今度は場所を移して、挿管人形を用いた挿管困難対応法ハンズオンセミナーを行いました。前回は喉頭鏡での挿管競争でしたが、今回は気管支ファイバーを用いた経鼻挿管でタイムを競っていただきました!優勝した方、おめでとうございます。

オペ室やICUの見学もありました。

締めは、17階のレストランでの意見交換会。藤が丘病院や江東豊洲病院の先生方もご一緒してくださいました。私たちも参加者の皆さんと楽しくお話させていただきました。

盛りだくさんの一日、お疲れさまでした。少しでも昭和の麻酔科の魅力を伝えることができたなら幸いです。今度はぜひ一度、見学にいらしてくださいね!一同、お待ちしております。

 

文責:加島有紀

平成29年度 第一回麻酔科医局説明会!


こんにちは。昭和大学病院麻酔科の長根大樹です。

 

5/20は昭和大学病院の麻酔科医局説明会が開催されました。

参加していただいた方々、ありがとうございました。

始まりは大嶽教授のご挨拶からです。

麻酔科医とは? の話では麻酔科医という職業そのものに夢を感じることができて大好きなのでそこの写真も一枚。

次に診療科長補佐上嶋先生からのお話です。

手術麻酔、ペインクリニック、集中治療、いずれもバランスよく学ぶことができる、という魅力についてわかりやすくお話いただきました。

続いては実際の仕事はどのようなものかについてを柴田先生から、

通称“ママさん”の働き方を原先生からお話いただきました。

皆様ありがとうございました。

続いて場所を少し移動して……

 

尾頭先生と奥先生による、挿管ハンズオンセミナーです。

参加者には挿管人形に挿管するまでのタイムを競っていただきました!以下華々しい優勝者の中尾さんです!

優勝だけでなく、がんばった賞もありました。

私もテストランに参加しました。

あれれ、おかしいな……

何はともあれ参加者のみなさん、今日は本当にありがとうございました。

 

医局説明会のあとは新人歓迎会です。

私たち新入局員だけでなく、研修医も含めた全員がわいわい騒げる楽しい会になりました。

歓迎会を開いていただき、ありがとうございました。

 

そして、次回7月8日(土)に

「様々なデバイスを用いた挿管困難対応法ハンズオンセミナー」

を予定していますので興味のある方はぜひ参加してください。

 

文責:長根大樹

問合せ
昭和大学病院麻酔科医局: 03-3784-8575
お申込み: お申込みエントリー

レジナビ東京行ってきました!


こんにちは。昭和大学病院麻酔科の長根大樹です。

 

6月18日 日曜日

民間医局 レジナビフェア 2017 東京 ~後期研修・研修医向け~

に、昭和大学病院として参加させていただきました。麻酔科だけでなく、他の科を含め、昭和大学グループを見学していただいた方々、ありがとうございました。

当日の入り口の様子の開場前の昭和大学グループのブースの様子です。

 

大嶽教授、尾頭先生、坂崎先生と私の4人が麻酔科として参加しました。

大学病院で教授がこのようなイベントに参加しているのはなかなか珍しいことなのではないかと個人的には思っています。

例年昭和大学ブースにくる人数も年々増えており、今年は去年よりも盛り上がりを見せました。

 

昭和大学に興味がわいた、考えてもいいなと思えた方はぜひ見学にきてください。

また、7月8日(土)に

「様々なデバイスを用いた挿管困難対応法ハンズオンセミナー」

を予定していますのでぜひこれに参加することをきっかけに昭和大学とふれあっていただければと思います。

 

文責:長根大樹

問合せ
昭和大学病院麻酔科医局: 03-3784-8575
お申込み: お申込みエントリー

レジナビ大阪に行ってきました。


こんにちは!

昭和大学麻酔科後期レジデントの伊藤 玲哉です。

 

本日は大阪で行われた後期研修プログラムの病院説明会に行って参りました。

東京からの参加は、病院単独としては昭和大学のみ!

ほとんどが関西圏にある病院ばかりで圧倒的少数派となってしまった私たちには、始まる前からすでに暗雲が立ち込めていました。

 

そんな中、レジナビがスタート!

勇気を出して研修医の先生に声をかけるものの、案の定「関西で考えてますので…」「東京は遠いのでちょっと…」と断られ続けてしまい、約1時間が経過してもいまだ訪問者数0人…

 

「このままでは東京に帰れない!」ということで、決死の覚悟で勧誘再開!当たって砕けろの精神でひたすら研修医に昭和大学を知ってもらおうと走り続けました。猛襲の甲斐あってか、約5時間のレジナビが終了するまでには、去年の訪問者数を超える先生に来ていただくことができ、昭和大学の良いところを知っていただくことができました。

 

こういった地道な活動の甲斐もあり、昭和大学の麻酔科には大阪や福岡、香川、沖縄などといった西日本から来られる先生方が徐々に増えてきています。各地でさまざまな考え方を持ち、経験をしてきた人が集まることでより一層さまざまな視点から麻酔科を捉えられるようになるのではないかなと思います。

 

これからも全国から麻酔科を志す先生が昭和大学に集まってきていただけると嬉しく思います!本日訪問していただいた研修医のみなさま、本当にありがとうございました。

またお会いできるのを、心よりお待ちしております!

 

文責:伊藤 玲哉

麻酔科医局説明会2017 第2回(7/8) 開催のお知らせ (集合場所変更)


昭和大学医学部麻酔科医局説明会 第2回を開催致します!

第2回は7月8日(土) 14時より、昭和大学病院 中央棟5階手術室前 集合です。
集合場所が入院棟 17階会議室に変更になりました

当日は「様々なデバイスを用いた挿管困難対応法ハンズオンセミナー」も行います! 医局説明会後は意見交換会も行います。また、説明会終了後、ささやかな懇親会があります。

昭和大学医学部麻酔科の後期研修にご興味のある方は、お気軽にご参加ください。みなさんのご参加、心よりお待ちしております。

問合せ
昭和大学病院麻酔科医局: 03-3784-8575
お申込み: お申込みエントリー

区域麻酔学会第4回学術集会に参加して


こんにちは。

昭和大学病院麻酔科 原詠子です。

 

この度、4月14日、15日に開催された第4回区域麻酔科学会in名古屋に行ってまいりました。

 

区域麻酔科学会は、日本麻酔科学会、臨床麻酔科学会などとは異なり、同じビルの4フロアで完結してしまうこじんまりとした、しかし非常に密度の濃い学会でありました。区域麻酔に関する本やセミナーでよく拝見する著名な先生方がいたるところに!!!

会場はこんな感じです。

 

ワンフロアに、テレビが5箇所おいてあり、各5名ずつのデジタルポスターでした。そのほか機器展示のブースとドリンクコーナー、テーブル等あり賑わっております。他のフロアでは、セミナーやハンズオン、教育講演等やっております。

 

当院からは私と田中先生、小林先生の発表でした。

私は、心臓外科手術のブースです。

『ペースメーカー再植え込み術の周術期疼痛管理を胸横筋膜面ブロックと腹直筋鞘ブロックで行った1症例』

 

 

同じブースには、S-ICD挿入、開心術後の慢性痛に対する神経ブロック、などなど興味深い発表ばかりでした。

 

田中先生は、脊椎手術・腹部手術のブースです。

『腰椎脊椎手術の周術期鎮痛におけるTLIP blockの有効性』

 

そして小林先生です。

『超音波ガイド下閉鎖神経ブロック近位法アプローチで正確にブロックできた肥満患者の1症例』

 

 

3人とも、区域麻酔科学会初参戦で大変緊張しましたが、無事終了いたしました。

 

その後は教育講演、ランチョンセミナー、そしてなんとスイーツセミナーといった魅力的なセミナーをきき、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ちなみにランチョンセミナーでは、うなぎ弁当、スイーツセミナーではチョコレートがでました!!!(写真を撮り忘れました(^^;))

 

 

上嶋先生もランチョンセミナーを行っております。

『当院におけるUS-PNBの教育制度』

 

お疲れ様でした!!

 

 

区域麻酔科学会は、マニアックなことが多いのかしら・・・と最初は不安でしたが、すぐにでも臨床に役立てそうな基本的なことも実は多いなという印象でした。神経ブロックに関することだけでなく産科麻酔における区域麻酔や、術後鎮痛や慢性痛に関する話まで幅広くあり、大変充実した内容でありました。

 

次回は大阪!!楽しみです。

 

文責:原詠子

麻酔科医局説明会2017 開催のお知らせ


今年2017年も、昭和大学医学部麻酔科医局説明会を開催致します!

第1回は5月20日(土) 14時より、昭和大学病院12号館2階カンファレンスルーム3,4で行います。

当日は「挿管困難シミュレーションマシンを使った挿管スピード競争大会」も行います! 一等賞には豪華賞品をプレゼント! 医局説明会後は意見交換会も行います。また、説明会終了後、ささやかな懇親会があります。

昭和大学医学部麻酔科の後期研修にご興味のある方は、お気軽にご参加ください。みなさんのご参加、心よりお待ちしております。

問合せ
昭和大学病院麻酔科医局: 03-3784-8575
お申込み: お申込みエントリー