7月8日第二回医局説明会


こんにちは、昭和大学病院麻酔科1年目の加島有紀です。

7月8日に行われた第2回医局説明会のご報告です。

暑い中、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

大嶽教授のご挨拶から始まりました。麻酔科医とは、という理念も含めて当院の紹介をしていただきました。

医局長の上嶋先生から、当科の研修のポイントのご説明がありました。手術麻酔はもちろん、ペインや集中治療もしっかり研修できるのが大きな魅力です。

その後、1年目の新原が実際の研修生活の内容や雰囲気を説明し、酒井先生が“ママさん”麻酔科としての働き方をお話してくださいました。

さて、今度は場所を移して、挿管人形を用いた挿管困難対応法ハンズオンセミナーを行いました。前回は喉頭鏡での挿管競争でしたが、今回は気管支ファイバーを用いた経鼻挿管でタイムを競っていただきました!優勝した方、おめでとうございます。

オペ室やICUの見学もありました。

締めは、17階のレストランでの意見交換会。藤が丘病院や江東豊洲病院の先生方もご一緒してくださいました。私たちも参加者の皆さんと楽しくお話させていただきました。

盛りだくさんの一日、お疲れさまでした。少しでも昭和の麻酔科の魅力を伝えることができたなら幸いです。今度はぜひ一度、見学にいらしてくださいね!一同、お待ちしております。

 

文責:加島有紀