区域麻酔学会第4回学術集会に参加して


こんにちは。

昭和大学病院麻酔科 原詠子です。

 

この度、4月14日、15日に開催された第4回区域麻酔科学会in名古屋に行ってまいりました。

 

区域麻酔科学会は、日本麻酔科学会、臨床麻酔科学会などとは異なり、同じビルの4フロアで完結してしまうこじんまりとした、しかし非常に密度の濃い学会でありました。区域麻酔に関する本やセミナーでよく拝見する著名な先生方がいたるところに!!!

会場はこんな感じです。

 

ワンフロアに、テレビが5箇所おいてあり、各5名ずつのデジタルポスターでした。そのほか機器展示のブースとドリンクコーナー、テーブル等あり賑わっております。他のフロアでは、セミナーやハンズオン、教育講演等やっております。

 

当院からは私と田中先生、小林先生の発表でした。

私は、心臓外科手術のブースです。

『ペースメーカー再植え込み術の周術期疼痛管理を胸横筋膜面ブロックと腹直筋鞘ブロックで行った1症例』

 

 

同じブースには、S-ICD挿入、開心術後の慢性痛に対する神経ブロック、などなど興味深い発表ばかりでした。

 

田中先生は、脊椎手術・腹部手術のブースです。

『腰椎脊椎手術の周術期鎮痛におけるTLIP blockの有効性』

 

そして小林先生です。

『超音波ガイド下閉鎖神経ブロック近位法アプローチで正確にブロックできた肥満患者の1症例』

 

 

3人とも、区域麻酔科学会初参戦で大変緊張しましたが、無事終了いたしました。

 

その後は教育講演、ランチョンセミナー、そしてなんとスイーツセミナーといった魅力的なセミナーをきき、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ちなみにランチョンセミナーでは、うなぎ弁当、スイーツセミナーではチョコレートがでました!!!(写真を撮り忘れました(^^;))

 

 

上嶋先生もランチョンセミナーを行っております。

『当院におけるUS-PNBの教育制度』

 

お疲れ様でした!!

 

 

区域麻酔科学会は、マニアックなことが多いのかしら・・・と最初は不安でしたが、すぐにでも臨床に役立てそうな基本的なことも実は多いなという印象でした。神経ブロックに関することだけでなく産科麻酔における区域麻酔や、術後鎮痛や慢性痛に関する話まで幅広くあり、大変充実した内容でありました。

 

次回は大阪!!楽しみです。

 

文責:原詠子