第44回日本集中治療医学会学術集会 2017


こんにちは、木村真也と申します。
新年度が始まり、皆様は如何お過ごしでしょうか。
昭和大学病院麻酔科医局は、大勢の新人が来てくれました。
集中治療にもメンバーが2人増えて、どんどん充実していく予感がします。
今回は、少し前になりますが、日本集中治療学会での演題発表の報告です。
日本集中治療学会は2017年3月に札幌で行われました。
東京では段々と暖かくなる時期なのに、札幌では雪が降っていました!
参加する度に感じますが、集中治療学会は、麻酔科学会とは空気が違います。
集中治療の学会なので、麻酔科医の参加がメインの学会と違い、様々な科の先生が参加されております。また、看護師さんや、臨床工学技士の方など多職種の方が参加されているため、麻酔科学会ではあまり見られないようなブースが多数あります。
今回は、電子ポスターによる事前に登録したパワーポイントでの発表でした。
オーラルでの発表は初めてでしたので、とても緊張しました。
小生の発表は、こちらです↓
小生の発表では、呼吸器内科の先生によるご質問を頂きました。
内科医の先生にご興味を頂けたのは、大変嬉しかったです。発表冥利に尽きます。
集中治療学会ならではの異文化交流ですね。
来年は幕張です!是非、今年度も頑張って、次回も発表したいと思います。
皆様も是非一緒に頑張りましょう!
文責:木村真也